キリシタン資料保存会

通称 コルダの会

あるご縁でキリシタン遺物に出会い、2001年暮れにキリシタン資料保存会(通称・コルダの会)を立ち上げました。2003年秋から常設の遺物展示コーナーに一部展示しています。

江戸時代の禁教令下、ひたすら心の中で神を仰ぎ、耐え難い強制労働を忍び、あるいは殉教していった、私たちの信仰の先人たちに思いを馳せ、相互の信仰を深めたいと、活動をしております。

当教会に限らず、他教会、キリシタン研究家、郷土史家、一般の方など、関心のある方がたに、広く門戸をひらいております。

現在、会員は70余名

年会費・¥1.000

活動

  • 会報の発行・年/数回
  • コルダフェスタ・毎年9月末の土曜日
  • 巡礼・毎年11月末の土曜日
  • 遺物の絵はがき8枚セット

 

キリシタンとは

キリシタン資料の紹介

十字陣中旗

行事予定

過去の行事