大宮教会について

カトリックさいたま教区埼玉東ブロックに所属します。さいたま教区の拠点教会の一つです。

1961年に創設され、2002年に司祭館・小聖堂を移築、2003年に新築の教会棟が完成。聖堂を献堂しました。
聖堂、信徒会館が一体の教会棟は、屋根がドーム状のユニークな建築です。
敷地内にみどり幼稚園が併設されています。

chapel_exterior

 

聖堂(パウロ聖堂)

paul_chapel_interior_1

聖堂内部の天井は大勢が集う、幕屋をイメージした珍しい形です。祭壇上の十字架は創設当時からのものです。

主日(日曜日)・カトリックの祝祭日には、この聖堂で祭壇を囲んで集まり司祭の司式によるミサ(特別な礼拝)が行われます。

paul_chapel_interior_2

結婚・葬儀ミサ、教会関連の集会・講演やクラシック・ポピュラーなどのコンサートなどを行う多用途的な会堂です。

司祭叙階式(司祭の任命式)

ordination_mass

新しい司祭(神父)を囲んで大勢の遠来の方も一緒に参加し祝福します。

小聖堂(マリア聖堂)

maria_chapel_interior

大聖堂から離れた司祭館に隣接した、静かな祈りの場所です。

聖母マリア像

maria_statue

神への執り成しを求めて祈る者のために、また隣接する幼稚園の園児たちを見守りながら、聖堂前でいつも微笑んでいます。

このページのTOP